株式会社テラは、大地と対話し提案することをコンセプトに地盤補強事業、ユニテック事業、地盤保証に取り組みます。

TERRA
事業紹介 保有技術 会社案内 リンク TOP
事業紹介
保有技術
SMD杭工法
HITSコラム工法
RES-P工法
小口径鋼工法
形状改良工法
PPG工法
各種試験
会社案内
リンク
株式会社テラのTOP > 保有技術 (RES-P工法)
RES-P工法
工法の概要
この工法は、軟弱な地中にパイプ(細径鋼管JIS-G3444)を蜜に回転圧入して、地盤とパイプの複合作用により、地盤の強度を増加する基礎地盤補強工法です。
ページのTOPへ
工法の特徴
パイプは直径48.6mmφ・厚さ2.4mmの内外面に亜鉛メッキを施したものです。
工期の短縮。通常1〜2日で完工でき、翌日から基礎着工が可能です。
残土処理が不要。鋼管を回転圧入するだけですので残土は発生しません。
狭小敷地でも施工可能。専用機は、幅1.87〜2.15mと狭く、段差のある場合でも施工可能です。
低騒音・低振動。"騒音は、低騒音型専用機。低騒音型発電機を使用しており、そのエンジン音のみです。
振動は、地中埋設物がない限り発生しません。"
ページのTOPへ
施工手順
配置確認
地縄(遣り方)確認
地縄(遣り方)確認
材料搬入
材料確認
材料確認
杭心セット
回転圧入
打設後
レベル確認
施工後全景
 
ページのTOPへ
施工管理・品質基準
管理装置
   
ページのTOPへ
CopyRight(C)2006 TERRA Co., Ltd All Rights Reserved.