表層改良工法

表層改良工法は軟弱地盤にセメント系固化材を散布し、原地盤の土と混合・攪拌し、固化させることで地盤の強度を増す工法です。

改良深度は約2.0mまでの施工が可能です。

 原地盤を改良するため、作業効率が高く工期の短縮が図れます。

 

 専用の施工機械が不要なため、現場の規模にもかかわらず施工を行うことができます。

 

 現場状況によっては粉塵の発生がほぼ0の無粉塵タイプの固化材もご用意できます。

Copyright (c) 2018 TERRA Co.,Ltd All Rights Reserved.