Σ-i工法

住宅など小規模建築物の地盤補強対策として、鋼管杭による様々な工法が開発されています。

Σ-ⅰ工法は先端に4枚の掘削刃とスパイラル状の翼部が取り付けられた杭を地盤中に回転しながら貫入させる工法です。

Σ-ⅰ工法は高い杭性能を確保しながら施工の信頼性・安全性に加え環境や近隣への配慮など地盤の補強に必要なあらゆる要素を集大成した工法です。

杭先端に取り付けられた翼部は、直径が鋼管軸径の2.0~3.0倍であるため大きな先端支持力を得ることができます。

回転貫入施工のため振動・騒音極力抑制することができました。また、施工による排出土が発生しません。

「設計・施工監理技術者」による設計および施工管理の体制を確立しました。

また先端翼部は信頼性確保のため、すべて通し番号によるロット管理を行っています。

Σ-ⅰ工法は砂質土地盤・礫質土地盤・粘性土地盤などあらゆる地盤に対応する、汎用性の高い地盤補強工法です。

先端翼の形状により貫入推進力が高く、小型の施工機械が使用でき狭小地や隣接環境に左右されず施工が可能です。

Σ-ⅰ工法の信頼ある性能は、日本総合試験所の「建築技術性能証明」の取得により確認されました。

Copyright (c) 2018 TERRA Co.,Ltd All Rights Reserved.